受講生の声

受講後インタビュー

受講前インタビュー

「英語料理家」育成コース受講を決めた理由は?


今までに何度も英語を学ぼうと自分なりに試みた事がありました。

けれどなかなか結果が出ず、挫折の繰り返し。

普段は会社員で事務をしています。フルタイムで勤務して、15年です

普段から積極的にボランティア活動などを通して国際交流を行っています。

新しい人に出会うこと、新しい価値観に触れることも大好きです。


ボランティアという枠に留まらず、より国際交流の活動を広げていきたいなという思いがありました。

そんな中見つけた、今回の講座。

考えるよりも心がときめきました!

英語×料理をお仕事に出来たらこんなに楽しいことはないな!

とワクワクしています。


長年続けてきた料理を海外の方に伝えるため、今回は挫折することなく本気で英語習得を頑張ろうと思っています!



ボーダーレスクッキングとの出会い


きっかけはボーダレスクッキング主催、英語での料理イベント(www.facebook.com/borderlesscooking/)でした。

英語ができない私でも料理を通して様々な人と英語でコミュニケーションが図れた事がとても嬉しく、良い刺激になりました。

それと同時に「もっとスムーズに自分の大好きな料理を英語で伝えられればいいのに!」というもどかしい気持ちも芽生えました。

Cookpad本社で開催した、当団体企画の「英語で料理」イベントに参加した時の様子

やっぱりもう少しちゃんと英語できるようになりたいなって。



コース修了後、どんな風になりたい?


自信を持って、英語で料理を伝えられる自分になっていたいです。

今は英語を話す時、頭をフル回転させて話している状態なのであまり余裕がないです。

コミュニ―ケーションを楽しめる自分になっていたいなと思います。

英語だけじゃなく、料理を伝えること自体にも自信も持ちたいです。

というのも、私は調理師免許を持っていたり料理は得意な方ですが、自分の料理は「ごく普通の料理」で料理教室をやれる程の実力ではない気がしているんです。

でもコースの中でセルフブランディングという、自分の魅力が発見できるレッスンがあったり、おもてなしや集客まで習得できると聞き、

ここまで丁寧に向き合ってもらえるなら、きっと何か形にできそう!と期待をしています。


今の私は、外国人に向けて発信するってどうやるんだろう、自分に特別な魅力なんてないと思っていますが、修了後には私にしかできない料理教室が開けるなんてすごくワクワクしています。

外国人との交流が待ち遠しいです。


カリキュラムで楽しみな部分は?


楽しみにしているのは、日本文化と異文化理解です。

早くに結婚をし、それ以降子育てと仕事に邁進してきました。

今まで海外に行ったことがありません。

日本しか知らない私がどのように日本文化を魅力的に伝えられるのか?どんな部分を海外の方は面白いと思うのか?その方法を知りたいです。


今、不安なことはある?


集客ですかね。

自分のレッスンに本当にお客様が来てくれるのか…という不安はあります。

その辺りも私の様な初心者に向けて、具体的なメソッドを学ぶことが出来そうなので楽しみです。

Akiko.T  会社員